生活習慣病関連の知識

γ-GTPを下げる方法は?お酒を控えれば下がるの?


健康診断でγ-GTPが高く、お酒を控えるように言われた人もいるでしょう。どうして控えなければならないのか、γ-GTPが高いままでは何が問題なのか、別に高くても問題ないのなら好きなお酒を控えたくはないと思っている人もいるかもしれません。そういう人のために以下説明します。


まず、最初に結論をいいますと、やはりγ-GTPが基準値を超えている人は、お酒を控えたほうが良いでしょう。これは、肝臓という体内のいわば化学工場を守るためです。


そもそもγ-GTPとは何かというと、これは肝臓その他の臓器にある酵素の名前です。普通は細胞の中にあるので、血液中にはあまり存在していません。つまり、検査をしても検査値が低いのが普通です。ところが、お酒を飲むと、この細胞が壊れるのです。もう少し詳しく言うと、お酒の中に含まれるアルコールは、いわば体にとっては異物であり毒とさえいえます。ですから、体はこの異物を何とかして処理しようとします。その際に働くのが体内の化学工場である肝臓です。ところが、特にアルコールの量が多い場合など、簡単には処理しきれなくなってきます。そうしてついには肝臓の細胞が壊れてしまうことになります。


細胞が壊れるとどうなるかというと、細胞内にあるものが外に出てきてしまいます。γ-GTPもその一つで、壊れた細胞から血中に出てくるので、γ-GTPの値が高いということになるのです。


では、血液中のγ-GTPが高いと何が問題なのでしょうか。この酵素は何か悪さをするのでしょうか。この点に関しては、そのような心配は不要です。血液中にγ-GTPが増えたからといって、この酵素そのものが何か体に悪影響を及ぼすことはありません。


そうではなくて、高いことそのものが問題なのです。つまり、大事な肝臓の細胞が壊れるほどにお酒を飲みすぎていますよという、いわば警告です。肝臓は先にも言ったように、体内の化学工場です。いろいろな代謝、生化学的な反応がここで行われています。アルコール代謝など、ほんの一例にすぎません。ですから肝臓を守るために、アルコールを控えたほうがよいでしょう。