血糖値・糖尿病の知識

糖尿病の合併症に注意!足に症状がでることも?


糖尿病は、尿に糖が出てきてしまうだけの病気ではありません。注意しなければいけないのが合併症で、足に症状が出るものもあります。血管のなかにブドウ糖が増えると、それが神経や血管にダメージを与えます。通常であればインシュリンが働いて血液中のブドウ糖の量は害が出ないようにコントロールされていますが、糖尿病ではインシュリンがうまくきかなくなってしまうために、このような症状があらわれます。


血管が傷つけられて下肢への血行が障害されると、歩行障害や、最悪の場合には下肢を切断しなければならなくなります。血液は全身に対して酸素と栄養素を供給しているので、これが障害されるということは死活問題です。足によく起こる合併症としては、糖尿病性神経障害があります。初期症状として両足の裏にしびれが出ます。素足で歩いていても、何か薄い膜を被っているような感覚を伴います。しびれは徐々に上の方に広がり始めて、両手指まで及びます。


足をケガしても気づかないこともあり、そこから化膿してしまうこともあります。コタツなどに入っていて火傷をしたのに気づかないでいるなどの事故もあります。足が腐って切断しなければいけなくなるのが糖尿病性壊疽で、神経障害で知覚鈍麻が起きてそこに小さな傷ができることが原因で起こります。傷はおおがかりなものではなく、靴ずれや深爪など些細なものが原因になります。足がしびれていると痛みがないので手当てが遅れてしまい、そこから感染が広がります。


血行障害や免疫力の低下が起こっている糖尿病では、ここに細菌が入り込むことで感染が広がってどんどん悪化させてしまいます。通常であれば感染が広がれば痛くてたまらないのですが、これもしびれのせいで歪みを感じずに手当てが遅れます。足全体が腐ってしまってからようやく病院を受診するなどのケースも少なくありません。これを防ぐには、入浴中など素足になるときに傷がないかチェックしておくことが大切です。