血糖値・糖尿病の知識

1型糖尿病と2型糖尿病は何がどう違うの?


糖尿病は高血圧と同様認知度のとても高い病気だと思います。
ただ、糖尿病には1型と2型の2つの種類があるという事はあまり知らない人も多いかと思います。
糖尿病と聞いて多くの方がイメージする事が多いのは2型のものであると思います。
1型と2型では発生する原因が違い治療法も変わってきます。


まず1型に関しては全体の5%程と少ない為、あまり知られていない原因となっています。
?型の原因としては、ウィルス感染が原因となって膵臓のβ細胞が壊されてしまい全くインスリンが作られなくなってしまいます。
インスリンは血液中のブドウ糖を細胞に取り込ませるのに絶対に必要とされるホルモンとされます。


細胞に取り込まれない為、血液中に余ったブドウ糖が尿に漏れでる為糖尿病となります。
1型の場合はインスリンが体内で作られない為、外から補う必要がありインスリン注射が欠かせなくなります。
1型は子供でもなり、発症年令が若いという特徴があります。


そして糖尿病と聞くと多くの方が思い浮かべる2型の糖尿病の原因としては、インスリンが少なくなってしまう場合と体があまりインスリン反応しなくなってしまう場合が挙げられます。
まずインスリンが少なくなってしまう場合では、1型程ではないけれどインスリンが足りなくなってしまう為、注射等でインスリンを補ってあげる治療がされます。
ただ、1型と違いβ細胞が破壊されている訳ではないため機能が回復する事で、注射を止める事も可能であると言われています。


インスリンが反応しなくなってしまう場合では、インスリン受容体の機能の低下が挙げられます。
インスリンはインスリン受容体と結合する事でブドウ糖が細胞に取り込まれますが、受容体がインスリンをはねつけてしまう事でブドウ糖が取り込まれずに糖尿病となってしまいます。
2型の場合では、遺伝的要因が大きいと言われています。
要因を持つ人が肥満や運動不足等で発症する事が多いとされており、生活習慣の改善が必要とされます。